HOME > 会社情報

アットコンシェル概要

写真

【理念】
● 多様な視野で活躍する人材研修でステップアップ
● 多様な働き方が普通になる世の中に
男性も女性も若い人もシニアも、日本人も外国人も楽しく働ける日本を目指したいですね。アットコンシェルは異文化理解とコミュニケーションでお手伝いします。


代表者プロフィール

自己紹介

グローバルビジネスコンシェルジュとして技術系外国人紹介と就労ビザサポート及び輸出入ビジネスの通訳・翻訳を得意とし、後進の育成・指導を行っております。一貫して英語の特技と異文化理解の専門性を生かし、先駆的なキャリアパスを切り開いて来ました。

ワーキングマザーとして仕事と育児を続けてきたことが人生最大の収穫です。47才で放送大学に入学し、就労しながら7年半かけて卒業したのも大チャレンジでした。57才でTOEIC885点を取得して、語学学習は年齢に関係ない事を証明できました。

英語は読み、聞く、話す、書くことを駆使することができ、接した外国人の国籍は20を越えていますので、異文化対応能力大いにあり。『インド英語も怖くない』は特技です。

代表者の足跡

1968年、YWCA(Young Women's Christian Assotiation)専門学校で1年間の英語修行。仕事のスタートは東武特急ロマンスカー(今のスペーシア) アテンダントとして外国人旅行客の車内案内を担当。車掌さんについて通訳するだけでしたが、留学もせず生きた英語が学べたまたとない機会でした。それから自動車部品の輸出商社で貿易業務の修行。出産退社後専業主婦1年半を過ごしてから、できたての派遣会社パソナに登録。約10年間貿易事務、秘書業務を担当。

1989年、38才でアメリカの独立系科学技術研究所-SRI(Stanford Research Institute)の日本支社に化学部門の役員秘書としてアメリカ本社とヨーロッパ、アジア支社役員の来日時の補佐も担当。

16年勤間務後、定年前に最後のチャレンジと、IHIグループ会社のJapan Jurong Engineering の人材派遣事業部に中高年転職。外国人技術者のリクルーターと統括マネージャーとして三菱重工、IHI、東芝などの重工業企業に派遣。就労VISA取得から滞在中の生活サポートを担当。57才でプラント設計会社 Natco Japan(現在の Cameron Japan)に再転職し、バイリンガル総務管理職として外国人社員約30名を統括。

40年余のビジネス経験を生かそうと定年後の2013年1月に起業。英語を使いながら生涯現役を目指し現在に至ります。商社時代の輸出の醍醐味も忘れ難く、ネット輸出入のebay(イーベイ)を開始。現在TRS(Top Rated Seller)とPower Sellerのランクを取得。ビジネス英語コンサル実施中。

取得資格

TOEIC885点、秘書技能検定2級、ビジネス英語検定C級

所属団体

(財)日本秘書協会
東京商工会議所

▲ページトップに戻る