技術系外国人就労支援

優秀な外国人スタッフを雇いたいけど、どこから手を付けて良いかわからない。実務に即したアドバイスがほしい。大丈夫です。アットコンシェルにお任せ下さい。採用から滞在中、帰国まで、ワンストップで外国人社員をサポートします。特にフィリピン人の採用についてご支援に力を入れております。


他社にない当社の3つの特長

採用から帰国までワンストップのご支援

・単なるビザ取得サポートでなく日常の生活支援に及ぶこと

異文化理解の橋渡し

・外国人社員だけでなくその家族も幸せになれる日本滞在を可能にすること

バイリンガル総務作戦

・企業様の総務部が外国人の生活支援を自主的に行えるようになるまでのご支援であること。

従来の外国人就労支援事業は日本語による労務管理に重点をおいたため、十分な生活支援がなし得ておらず、就労を断念して帰国する外国人も見られました。当社はこの問題を解決できます。日常の小さい出来事から行政とのパイプ役まで、英語で支援することにより、企業様の不安、ご不便を解消することができます。


採用から来日の流れ

日本での外国人の採用方法

日本での外国人の採用方法

当社の一番の強みは海外のコネクションを通じて直接キャリア豊富な人材をご紹介する事です。日本での外国人の採用方法は、既に日本で就労している人や外国人留学生が主流ですがキャリアパスが明確でないなどの課題もあるようです。当社代表は外資系企業経験のため、双方の仲介を得意としています。


フィリピン人採用方法

フィリピン人採用方法

企業様は独自採用条件を提示して、それに基づいて当社が直接または現地提携人材会社、または知人の紹介などで適任者を数名ご紹介します。高度人材、専門技術職、国際業務などの候補者は大学卒以上、10年以上の専門領域での就労経験があれば就労資格は取得しやすいです。
電話、メール、会議通話で候補者を絞り込み、フィリピンでの直接面接などのために、翻訳・通訳、現地面接設定などの段取りを当社がいたします。
リクルートから就労ビザ申請および来日までの期間は3ヶ月から6ヶ月かかることをご了承ください。


日本での手続き

日本での手続き

採用が決定したら入国管理局に在留資格認定証の申請をします。申請書の記入の仕方や必要書類の揃え方をわかりやすくご説明します。必要に応じて申請書の作成も承ります。入国管理局にはご担当者様をご案内します。外国人の就労や在留申請がどのようなものか、めったにない機会ですのでぜひ視察を兼ねて直接申請することをお勧めします。
就労資格認定証が交付されたら、在日フィリピン大使館に出向き海外就労担当官と面接をします。その際の提出書類の作成方法や面接要領などをご支援し、必要に応じて大使館にご同行します。適切な労働契約が認定されたら、フィリピン大使館から推薦状が交付されます。


フィリピンでの手続き

フィリピンでの手続き

入国管理局交付の就労資格認定証を提示して現地日本大使館に就労ビザの申請をします。フィリピンの場合は指定旅行者が行います。信頼できる旅行会社をご紹介しますので、スムーズに手続きができます。
採用された方は海外就労局に認定証(COE)を添えて海外就労認定証(OEC)発行申請をし、渡航者全員のためのセミナーを受講します。また健康診断も必ず受けなければなりません。すべてこの手続きを踏んで初めて日本での就労が正式に認められます。


滞在中の申請手続き

滞在中の申請手続き

日本滞在中に自身の環境変化には入国管理局や居住区の役所に届出をしなければなりませんが、その手続きもご支援します。必要に応じて同行をいたします。


▲ページトップに戻る